ギター初心者 練習

ギター初心者が上達するにはコツがある!

「ギターを始めたいけど何からやればいいのか分からない」

 

「ギターを練習しているんだけどなかなか上達しない」

 

「ギターをとにかく弾けるようになりたい」

 

「コードを押さえられない」

 

「あの曲を弾きたい」

 

と言った悩みはギターを始めたばかりの時にはつきものです!

 

そして、誰でも直面する悩みでもあります。

 

ギターを早く弾けるようになるには正しいフォームや練習法が必要になります。

 

例えば、間違ったフォームでいくら練習してもなかなか上達しないでしょう、、、

 

まず、ギターを触って慣れることも必要ですが、ギターを弾くための指や手の筋肉をつけていかなくてはなりません。

 

それから、ギター上達のスピードを高めるにはリズム練習も必要になります。

 

基本的にはフォーク、ポップス、ロックなどはリズムが主体になっていてその上にメロディーやらコードが乗っかっているので規則性のあるリズムでギターが弾けないと聞き手側からすると物凄く不愉快だったり、気持ち悪く感じてしまいます。

 

音楽の本質とゆうのはメロディーやコードバッキング、リズムを楽しんで気持ちよくなることなので、まずその本質を理解することが大切です。

 

ギターを弾くとゆうことは最初は経験したこがないのですから、少なからず練習には根気を必要とします。

 

ですが、ギターに少しづつ慣れていくと、物凄く楽しい楽器ですし、物凄く奥の深い楽器でもあります。

 

ギターにはそれぞれ個性や特性もありますし、弦の太さやメーカーによっても音が変わります。

 

なので、幅広い選択肢があるのですが、初心者が一番無難な選択とゆうのも存在します。

 

例えば、初心者がいきなり太い弦で練習してもキツイでしょうし、太いネックのギターで練習してもコレもまたストレスになるでしょう!

 

確かに、手が大きくて、指の長い人は最初は有利ですが、最終的には手の小さい人や指の短い人もギターを弾くための手に変わっていきますので、心配は無用です。

 

まず、ギターを弾けるようになるにはコードを押さえる為の練習をしていきます。

 

1コードだけでもしっかり押さえて弦がビビらずに音がでるよになるまでバッキングもかねて練習します。

 

バッキングをする時は必ず、メトロノームを使います。

 

メトロノームのテンポはどんなに遅くても確実にコードの音が鳴らせるテンポに設定します。

 

最初はダウンピッキングだけ、ダウンピッキングだけでコードの音がしっかり鳴らせるようになったらダウンピッキングとアップピッキングも入れて練習します。

 

1コードだけでしっかり押さえることができて音がしっかり鳴らせるようになったら、2コード使って1小節ごとにコードチェンジをして、なおかつリズムを守ってバッキングします。

 

それも上手にできるようになったら3コードに増やした同じように練習していきます。

 

尚且つ、メトロノームのテンポも上げていき、弾けなくなる寸前までテンポを上げます!

 

そのテンポで弾けるようになったらまたメトロノームのテンポをあげます。この繰り返しでコードチェンジもスムーズになっていき、リズム感も徐々に付いていくでしょう!

 

リズムをとる時は必ず、足で4分音符を刻みます。そして、ピックで弦をはじいている腕でもリズムを感じながら、集中しながら練習します。最初は難しく感じますが、慣れてくるとリズム練習はクセになってきて出来ないと悔しくなってきます!だから、ずっとやり続けちゃうんですよ!!!その繰り返しでいつの間にか上手くなっています!

 

最初のうちはギターをずっと弾いていると指の先が痛くなっています。

 

指の先が痛くなるのは仕方がないことで、休まずにそれでも練習して下さい!

 

厳しいですが!

 

そうしていくと、指の先にタコができるので、その指がギターを弾くための指になり始めた証拠です!

 

何故なら、指の先にタコが出来ないとしっかり弦を押さえられないのでコードがキレイに鳴ってくれません。

 

あるいは、ギターのテクニックで「ベンド」あるいは「チョーキング」とゆう手法があるのですが、指の先にタコができないと音程が安定しなかったり、ビブラートを上手くかけられなかったりします。

 

なので、指の先にタコができるとゆう現象はギターを弾くうえで絶対的に重要なことなのです!

 

そして、もう一つギターを上達する為の秘訣は手のフォームです!

 

これは、かなり重要です!

 

このフォームがしっかりできてないと、練習をしてもなかなか上達が見込めなかったり、無駄に体力を使うので疲れやすかったりします!

 

ギターは人間工学に基づいて設計されているので、正しいフォームさえ身に着けてしまえば、あとはしめたものですね!!!

 

ギターを弾いている限り時間とともにどんどん上達していきます!

 

大雑把にフォームの説明をすると、

 

まず押弦する側の腕はワキを絞めて広げないこと!

 

手の甲に力を意識すること!

 

ネックを握る時の親指の向きは必ず握るように持つこと!

 

弦をピッキングする方の力は弱く、コードを押さえる指の力は強く!(強く押弦すると音程がシャープするのでほどほどに(笑))

 

最初のうちはリズムをとる時は足とストロークする腕で感じながらとる!(最終的には腰や体全体でとれるようにする)

 

これらの、ことを意識して練習するだけでも、劇的にギターは上達します!

 

 

 

初値予想

 

 

相互リンク集